失踪人を捜索する場合にかかる費用について。

警察で毎年受理している家出人捜索願いは8万件以上あります。その内の自殺のおそれがあるか、事件に巻き込まれた可能性がある失踪人を特異家出人と呼びます。警察は特異家出人の捜索は積極的にします。その他の失踪人は自分の意思でいなくなることが多いのですが、その場合民事になります。警察は民事不介入の為、探すことはできないので残念ながら熱心に探してくれるとは言い難いのです。大抵の場合、探偵事務所に依頼する方が成果も高いと言われています。探偵事務所もいろいろあります。失踪人を探して見つかっても見つからなくても費用を請求する所や手付金だけで後は成功報酬になるところ等様々です。相談だけなら無料の所も多いですし失踪人探しを得意とする事務所もあるので費用、探し方等を聞いてから頼む事務所を決める事をお薦めします。個人で報奨金をかけて探す場合もあります。失踪人情報サービスのサイトに掲載し情報を待つのも一つの方法です。報奨金をかけず掲載だけなら無料なので利用してみてもいいかもしれません。