失踪人を探すならプロの力を借りよう:SP解決センター

日本では毎年多くの人が失踪人として行方をくらまし、年間約8万人もの人が姿を消します。失踪人の中でも未成年者の家出による行方不明件数が多く、犯罪に巻き込まれる危険が多いので大変心配です。また、借金や病気などを苦に失踪人になってしまう人の場合、自らの命を絶ってしまうケースが後を絶たず、早急な発見が求められます。警察に行方不明の届出を出しても、事件性が認められる場合以外は何も捜査が行われないのが現状です。そんな時、力になってくれるのがSP解決センターです。SP解決センターでは、警察OBの捜査員やIT事業部、専門のカウンセラー等により色んな分野のプロフェッショナルが集結することで、情報を分析した上、合理的な調査を迅速に行います。24時間いつでも電話で無料相談を受けることが出来るので、身近な誰かが失踪人になってしまったら、まずは急いで相談しましょう。個人の秘密は厳しく保護されているので、安心して相談をする事が可能です。